真性包茎手術の値段や方法、手術後の内容などについて解説!

2008年04月25日

真性包茎手術の体験談日記ブログ


真性包茎手術の体験談日記ブログ

真性包茎はチンカスがたまって白くなりとてもくさいです。風俗にいくと、かならず嫌がられます。あらいたくても、洗えないし、見た目も悪くくさい。真性包茎はいいことなしなんです。なんで、こんなめちゃくちゃ書いているかというと、私自身が真性包茎で悩んでいて真性包茎手術をして悩みが解決したから、参考にしてもらえればとおもって本音で真性包茎手術の体験談や包茎手術後の日記などを公開しています。真性包茎は余った皮膚を縮められないので、切るしか方法はありません。これをあれこれ考えてもけっきょくは答えは一つなのです。包茎手術の専門クリニックに相談するとよいでしょう。
包茎で悩んでいる方は、包茎手術をとても怖いとイメージしているともいます。それは、自分のペニスにメスを入れたり、縫ったりすることを思えば、怖くなってしまうのも当然だと思います。ですが、実際に私の包茎手術の体験談ですと、包茎手術後の痛みも麻酔を飲んでいたのでまったくありませんでしたし、包帯で傷跡をまいていたので、あまり見た目もきにしていませんでした。指に包帯を巻いたときをイメージすればなんとなくのイメージがわくと思います。一ヶ月間ぐらいは、包帯をまいたままで、一日に一度包帯をとて、消毒液をたらすだけ。オシッコのときは、包帯に付かないように注意します。できれば大のほうでオシッコをしたほうが、周りに見られないのでそのほうがいいと思います。真性包茎だと、自分で無理やり剥くこともできますが、見た目がかわるわけではないので、包茎が治るということはありません。真性包茎の見た目が嫌だというのなら、手術しかほうほうがありません。真性包茎を手術なしで治せるという商品にはくれぐれも注意しましょう。
【関連する記事】
posted by 真性包茎克服男 at 06:44| 真性包茎体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトは、管理人の体験を元に包茎治療の解説をしております。包茎手術のクリニック、治療方法、包茎手術の内容などの解説をおこなっています。 包皮を反転させて亀頭を露出させることが不可能な場合を、包茎(ほうけい)あるいは真性包茎(しんせいほうけい)と呼ぶ。 包皮の一部が亀頭に癒着していることや、亀頭先端を覆う包皮が狭い(包皮輪狭窄が起こっている)ために亀頭を通過させられないことが原因で起こる。日本の成人男性の1ないし2%程度が真性包茎であるとされている。 ウィキペディア参考。 当サイトの包茎治療方法の情報がお役に立てれば幸いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。